ホームへ 

金城山・山上の武者へ


甦る惑星


蝶ケ山、アストレイアそして・・・

節(章)へ  U


T 序章

 五月末、蝶ケ山の頂き、星空の夜、私の前に
 背に羽を携えた、アストレイアは現われた。
 「春になれば、アストレイアが来るでしょう。星座達はあなたの友達です」。あの夜、巨大な蝶を伴ない、ペルセウスと共に現われて去った、アンドロメダが、最後に私に向かって言った言葉である。
 春を待たず金城山の山頂で、二度目の不思議な現象に遭遇した。
 平敦盛・蓮生坊(熊谷直実)・平資盛の生まれ変わりの宮本武蔵・源義経とテムジンの合体したチンギスハーンらとの出合いである。
 私の身体にも、特殊な能力が備わった様である。
 私の身体を通過したアンドロメダ星雲の数個の星(数匹の蝶)が、私の五体を変えたらしい。
 今回、アストレアの出現にもそんなに驚かなくなっていた。
 
 その昔、地上には黄金の時代があった。
 人々は神々と共に平和に暮らしていた。
 だが人々は次第に欲望に支配され、争いに呑まれてゆく。
 黄金の時代は銀の時代となり、多くの神々は天に去る。
 銅の時代、地上に残ったのは罪を量る天秤と断罪の剣を持つ、正義の神アストレイアだけとなった。
 そして鉄の時代、人々には正義と悪の区別すら付け得なくなった。
 悲しみの中でアストレアも天に去っていった。
 アストレイアが再び地上に現われるのは、いつの日なのか。
 地球に平和が訪れるまで、彼女はもう現われないはずであった。
 平和な地球は、いつの日実現出来るのか。しかし、なぜか今、彼女は現われた。
 私の目の前に現われた、おとめ座のアストレイアは、厳しく哀しげでもある。
 
 「あなたは空を飛びたくはないですか」アストレイアもペルセウスやアンドロメダ同様にテレパシーで語りかける。
 私も空は飛びたいと思う。しかし山登りの楽しみが無くなるだろう。咄嗟の返事をためらった。
 「あなたを、私の星座に案内しましょう」私の迷いを打ち消すごとく語る。
 「地球の空を飛び回るわけではありませんから」
 宇宙を飛ぶのである。
 アンドロメダやアストレイアが地球に現われたように、私が宇宙を”跳ぶ”のである。
 「地球の時空は超えますから、あなたの家族を気にかける必要はないでしょう」
 「この地、この時点へ必ず戻れるとの事ですか」
 「そのとおりです」

 「行きましょう」と私は答えた。瞬間、好奇心が未知への恐怖を突破した。
 アストレアの招待は、私への信頼と解釈した。私も彼女を信頼した。
 「どうやって飛ぶんですか?アストレイア!」興奮に呑まれながら聞く。
 「あなたの体内には、アンドロメダの星が幾つも入っている。あなた自身の意思で飛べる」
 「さあ!」
 アストレイアは、今すぐにも出発するつもりである。
 「どこへ!」
 おとめ座は大きい。全天で2番目の広大な星座である。
 「まずは、1等星スピカ(真珠星)の西、地球から4100万光年にあるM104銀河へ向かいましょう」
 M104銀河とは、地球から眺めた場合、メキシコの帽子ソンブレロの形に見える実直径14万光年もある巨大銀河のことである。別名”ソンブレロ星雲”と呼ぶ。
 スピカは地球から約350光年、アークトウルス・デネボラと共に”春の大三角”を形成する星である。
 
 アストレアが私の手をとった。瞬間、わたしの身体は光と化した。いや、それ以上の何かであろう。
 理解の限界を超えた存在となって、暗闇の空間に二人は在った。
 足元は直径10m程の岩石、小さな天体である。
 「私の好きなステーションです」アストレイアが言った。
 冴えた空間である。
 全方向に星が光り、例えようもなく美しい。
 表面温度22000℃、青く発光する恒星スピカが右側背後に在る。
 「地球から最も美しい私の星です」
 「美しいですね、地球上からとは全く違って見える」
 「ここは、スピカから350光年の位置、M104銀河方向に面しています。地球からとは距離が同じでも、大気の影響がありませんから」
 M104はより横長に形を変えている。
 「M104の太陽ベルガの、惑星ラウルを訪れましょう」
 アストレアは案内する。


U 無垢惑星ラウル
 
 「地球とは、ほぼ同じ大気の星です。地上に降りても生物を傷つけてはいけません」
 上空10000mでアストレイアは止める。緑に覆われた美しい山水が広がっている。
 「美しい世界です。動物と植物が居て、一定の秩序が保たれています。肉食生物は居ません」
 「ある種の植物あるいは動物が増え過ぎ、生態系のバランスを崩すことはありませんか?」
 「この星に生物が発生してから数億年、このバランス形態になったのは約一万年前からです。自然の成り行きが、見事なバランスを創り上げたのです」
 「肉食生物は居ないんですか」
 「正確に言えば一匹だけいます。その生物は危険でなく、同時に恐ろしく危険でもあります」
 彼女の言葉は謎めいていた。
 小高い地上に降りる。
 地上は葉緑素をもった、地球と類似した植物に覆われ、草木の配置に秩序が見られる。
 草食獣が点在する。
 「ここは、この世の楽園ですか?」
 「そのとうりです」
 「住み難くなった地球人にとって、素晴らしい移住先に思えます」
 アストレイアは応えないで、上空を見ている。
 その顔がくもっている。
 
 「水が地球とは違っています」間をおいて彼女は答えた。
 「地球の水と比べると、炭素と窒素がとりわけて多いのです。この惑星上に住む大概の生物は、地球生物体内の水と同様にこの液体を有しているのです」
 「この液体は水と同様の化合物ですが、地球上には存在しません」
 「ラウルの水ですか」何となく納得顔で返事する。
 「そうです。ラウ水です、地球の人間には飲めません」
 
 上空に気配、ソンブレロ型の飛行物体がある。
 「危険です!上空へ行きましょう」
 二人と入れ替わり、飛行物体は川のほとりの地上に降りた。低い背丈の草木がなぎ倒された。
 飛行物体から二人の乗組員が現われ、地上に降り立つ。
 遠目には地球人に酷似している。
 彼らは手に短い棒状の物を持ち、用心深げに、付近を徘徊する。
 「彼らは何者ですか」私はアストレイアに聞く。
 「同じ太陽ベルガの惑星シグの知的生物です。彼らは地球人が火星を探索した様に、この星を探索しているのです。これまで何度か着陸しています」
 彼らは水辺の草食獣を発見し、用心深く近づいてゆく。
 草食獣は森に入る。後を追って、二人のシグ人も森に入る。
 しばらくして先ほどの草食獣が出てくる。
 「森に入ったシグ人はもう居ません」とアストレイアが言った。
 ソンブレロ飛行体から、さらに一人のシグ人が現われ、先ほどの二人の後を辿る。
 森の中に入る。
 程なく姿を現し、飛行体に乗り込む。
 
 飛行体が上空に消えた後、アストレイアが言う。
 「彼らは仲間が消えた理由が解らないのです」
 「私にも解りません」
 「この星の生物は、永い永い試行錯誤の上に、今の生態系をつくり上げたのです。したがって、それを壊す行為に対しては厳しい対応をします。シグ人にはそれが理解できていません。惑星シグの生態系は地球に似ています」
 「ラウルの対応は謎ですか」
 「私には解っていても、彼らには謎です」
 「私にその謎を説明してもらえませんか、非常に興味があります」 私の理屈っぽい好奇心が頭をもたげる。
 「外部からの侵略者に対する対応が独特で、且つ無尽蔵に強力なのです。この星の生物は危機に対して連動します」
 「地球人も危機には協力しあいます。無尽蔵に強力ではありませんが」
 「彼らは繋がるのです。侵略者の力に応じて、極端な場合はこの星のすべての生物が一匹の生物と化します。戦闘するべき十分すぎる能力を備えて」
 「そんな構造を持つ生物は地球にはいない。私には信じられない生物だ」
 「生物体内に有るラウ水がそれを可能にしているのです。体内のラウ水は、ある刺激によって、一瞬の間に、連鎖状にも網状にも三次元立体状にも、疎にも密にも繋がります。彼らは知能と武器を持った恐るべき生物に変化するのです」
 「敵を倒し消滅させた後では、動物や植物に分離し、元に戻るのですか」 
 「そうです」「

  アストレアは言う。
 「シグ人もやがては理解するでしょう。良い対応を期待しています。
 ラウルの生物体はまだ純粋無垢なのです。
 しかし彼は、侵略者の精神構造をも受け入れているのです。
 シグ人が悪く対応すれば、彼も悪くなるでしょう。恐ろしく悪くなる可能性を秘めています。
 そうなれば、善に向かう可能性はほとんど無いのです。
 彼を教育するのは外部の生命体です。さしあったってはシグ人です」
 
 「この世の楽園とは侵さざるべき存在なんですね」と、私。
 「次の星へ行きましょう」と、アストレイアは気が早い。
 「次はどんな世界でしょうね」
 「私の星座の胸元へ行きます。M61銀河です」
 今度は地球からおよそ4100万光年、過去に3度も超新星の出現が記録された星雲である。
 
ページタイトルへ
                      甦る惑星  V M61銀河の惑星サドン へ