ホームへ


捨倉荘の番人(すてくらそうのばんにん)
昭和39年の創作品、無くした作品、記憶をたどりながらの再文章化


 禿取山を巻くように流れている美針川に沿って、捨倉山麓に達した頃はもう夕闇が押し迫っていた。
 谷間の夜は早く、都会での初秋は山での晩秋であった。
 遠く近く、高く低く、合唱のようにも、輪唱のようにも、オーケストラのようにも、個々が勝手に歌う独唱のようにも聞こえる虫の音を浴びながら、野宿の場所を求めて歩を進めた。
 
 足下に流れを感じながら、突き出た岩壁を回り込んだとき、突然、強くなった水音を聞いた。
 「おやっ」と思いながら、顔をあげると、前方に丸木橋が架かり、対岸に小屋があった。
 今、窓から灯黄色の光がもれて、橋の下の小さなダムに、微かに照りかえっていた。

 橋を渡り、ぐるりと回り込んだところが入口になっていた。
 扉には木の枝で、「ステクラ荘」と、なぞられてあった。

 扉の前にっ立ったとき、私は不思議な雰囲気に打たれた。
 それは、子供の頃の古里を思い起こすような、懐かしい、暖かい感覚であった。
 私は野宿をあきらめた。 
 
 扉を開けて中に入った。
 最初に目に映ったものは、正面に据えられた暖炉であった。
 それは本物の暖炉であった。
 今、中はあかあかと燃えて、丁度いい暖かさをその人に与えているふうであった。
 その人は、曲がった木の枝をうまく利用して作った、寝椅子に横たわっていた。
 私はその人を、最初は客かなと思ったが、すぐこの小屋の番人だろうと思った。
 
 その人は目を閉じていた。
 60歳とも80歳とも、あるいはそれ以上の年齢ともとれるその人の顔は、健康そうでふっくらとし、髭も髪も無かった。
 私は黙って入ったことを詫びた。そして今夜は泊めてほしいと言った。
 「私はね、あなたを知っていましたよ」突然、笑いながら、その人は言った。
 私は驚いた。
 聞き返そうとする私を目で制して、壁ぎわのベッドを示した。
 
 ベッドは干草の感覚があった。
 その人は言った。「私はねー、昔、仙人になりかかっていましたが、今はこの小屋の番人です」
 私は快く疲れていた、この人と話しあってもよい気がしていた。
 「仙人とは何ですか」
 「仙人は道を知り、不老不死で空を飛び、自由自在に生きられる者のことです。
 私が最近知った条理と、その前に知った条理の間にはずいぶん永い間隔がありました。私は仙人になれるのも、そんなに遠い先ではないと思っていました」
 「条理とは何ですか」
 「条理とは物事のすじみちのことです。
 私のようなものも、仙人も皆一様に、枯れ木の如く痩せていました。
 仙人は痩せていなければならないのだろうか。
 私は美しく太った仙人になりたく思いました。
 私は木の実や果物をより多く食べました。
 仙人に近い私が決心したのです。これまでの時間に比べれば瞬時に、それは成し遂げられました。
 それと共に、ものごとや自然の営みを、優しい心で見るようになって来たのです。
 そうです、心というもので。
 私は楽しくなってきました。
 私は、このことを、私と同じような仲間に知らせたくなりました。
 そこで、捨倉山頂に登り、近くの戸鳴山に飛ぼうとしました。
 しかし、私には乗るべき雲も無く、飛ぶべき力も無いことを知ったのです。

 私は昔、仙人になりかけていました。
 今はこの小屋の番人です」

 この小屋の番人です。と言う言葉を最後に、私は深い眠りに落ちいった。
 
 翌朝、土地の人らしい女がいた。
 女は言った。
 「この小屋は私のものです。あの人は山から来て、今朝はやく山に帰って行きました。この小屋は来年の春まで無人になります」
 
                                (嘘山行記四部 捨倉荘の番人 完)